Blog

大抵の参列者はご家族の後方に席をとり訪ねてきた順にご遺族の背中側に座って、いただければ、負担なく案内できます。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場 葬儀料金瓜破斎場 葬儀が有名です。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)って言葉は本来古来神道用語で祭典・典礼を執り行う聖域を意味を持ちましたが、今日では、転じて中心にお葬式を行うことが可能な建物を指します。
付き合いのある寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)が不明、己の主家の宗旨宗派が記憶がない方は、何よりも親類や叔父叔母に伺いましょう。


だけど現代は火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)のみの方や家族葬を希望する方が多くなりましたので死ぬときはお気に入りのところでと、自宅でと希望する方も増えてきています。
気持ちの良いお葬式とはさよならだけに専心できる葬儀のことで円滑に葬儀を遂行でき、お終いのお別れが出来ることが、良い葬儀かもしれません。

禅宗ではいずれの仏をご本尊としてもなんでも仏様に結びつくとする経典ですが、往生人の家でお葬式をお葬式を行うときは、ご本尊という形でお軸が使われています。
お通夜や葬儀を支障なく行うためにはご質問がありましたら非常に大切になりますので小さいと思われることでも、回答します。
旧来お通夜に家族代表のお礼はありませんでしたが、昨今では通夜に参列者が増加しており、謝辞を述べる方も多くなりました。


火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)に相当する職業は何百年前から私度僧が人々の中に入り込み路肩に見捨てられた死体を集め、供養して火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)したことに始まり、『オン坊』と言われたのだろう。
この仏事は法要式場の準備や位牌の準備など準備を事前にすることが多いので、(いつまでに何をやるのか)十分につかんでおく必要です。

一昔前まで近しい人達が仕切ることがポピュラーだった通俗的だった遺品処理ですが、あたふたしたり、遺品整理する家が遠地だったり、遺族の力では賄えないのが現状です。
葬式の動向や進行すべきポイントは葬儀屋が指示してくれますしお礼の言葉も定型文が所有されていますから、それをちょっと遺族の気持ちをプラスして話をすれば大丈夫ですよ。
喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)と呼ばれるのはご不幸のあった家の人達を指し示す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を用いることも多々あり喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西エリアを中心に、選ばれる、ことが殆んどのようです。
仮に葬儀式場ひとつにしても大きなホテルのホールが良いという方もいれば、お寺の格式ある情景の中で、お見送りしたいという家族もいると思います。
家族葬儀の現象として素人は『家族だけの葬儀式』『遺族と友人だけの葬式がほとんどで、家族葬の括りにに関する感想も様々のようです。

作法
仏壇作法