Blog

葬儀は候補によって金額やスペックが非常に差異が出るだけに事前に大阪の、葬式の内情を把握しておけば、失敗しない、葬式を執り行うことができます。
お仏壇とはご想像通り仏様一言で言うと如来様をお勤めする壇のことでそれに加えて今日この頃は、亡くなった身内や、ご先祖を祀る場所と言う捉え方が、常識になりつつあります。
斎場とは従来日本古来の神道の用語で儀典・儀式を行う場所を位置付けしましたが、今では、転じて集中的に葬儀式を執り行うことがすることが出来る施設を斎場と言います。
亡き者の一室の取り片付けクリーニング、不要物の掃滅といった遺品生理は、至るまでうちの方の手で執り行うのがポピュラーでした。
融通念仏宗ではどちらの如来をご本尊様と言ってもなんでも菩薩に結びつくとする教えでありますが、死者宅で葬式を行う際は、本尊様としてお軸を利用します。

終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのはこれからの余生を『どんな感じに旅たちたいか』と言われる思惑を形式にすること、スタイルのエンディングに対してエネルギッシュに計画することで、満足する生きる活動です。
一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀と二日またいで実施されるお葬式を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)とは在来は前夜に通夜式の法要を行い、あくる日に葬式と二日またいで実施されるお葬式を、通夜をしないで一日で終わらせるお葬式のケースです。
通夜式と言う式典ははじめる身近な人が亡くなるというつらい現実を受け入れ、気持ちを切り替え新しい生活への、迎えるきっかけとなります。
きっぱりと通念がない『家族葬』という共通語ですが、主として喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)や親族を主軸にちょっとの人の葬儀の呼称として使用されています。
葬儀や仏事などでお礼を渡すことがお布施の渡し方や表記の書くマナーなど規律はありますでしょうか?

本人の葬儀や葬送の手法について生前に段取りしておく事を望む方奥様と相談したりエンディングノートに記す人も増えています。
仏像や仏師(仏師とは、日本における、仏像などの制作を担当する者に対する名称である。 飛鳥時代においては、仏像制作技術を持った血縁集団が存在しており、その長たる者を仏師と称していた。その大多数は、渡来系に属する技術者たちである。鞍作止利の名が知られる)に関しての多種多様な見識が記されており仏像の見解仏像の彫り方、一流仏師(仏師とは、日本における、仏像などの制作を担当する者に対する名称である。 飛鳥時代においては、仏像制作技術を持った血縁集団が存在しており、その長たる者を仏師と称していた。その大多数は、渡来系に属する技術者たちである。鞍作止利の名が知られる)紹介、仏像のシリーズ、所得方法、仏像とは何か?魅力はどこに?色々とあります。
共同生活をしていた父がある日突然一人でおもむろに出掛けて毎回葬儀やお墓などのパンフレットを貰って帰り楽しそうに語っていました。
女房の実家は融通念仏宗でそのお位牌を預け入れるのですが、己の在住傍には黄檗宗の氏寺が存在しないからです。
老人ホームで逝去された時病院から2時間程度で移動する事を求められるケースも多く、お迎えのためのバンを支度する必須です。

作法
仏壇作法