Blog

終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのは次の生き方を『後悔しない生き方をしたいか』と言われる希望を実施すること、ライフのエンディングに向かって真剣に段取りすることで、麗しく暮らす動きです。
葬儀や祭祀などでお礼を渡すことが寄進の渡し方や表記の書くマナーなど禁止事項はあるんですか?
喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)という事はご不幸のあった家の人達を指し示す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使用することも多く喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西エリアを主として、導入される、流れがみられると言えます。
スケールや種類によって信頼感が落ちるのとは相違し葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)のスタンスや取り組み方電話や訪問時の対応で、判断することが大事です。
斎場とは元来日本古来の神道の用語で典礼や儀式を行うところを意味をもっていましたが、最近では、転じて集中的に葬儀・告別式を行うことが望める建物を指します。

四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の忌明けまで使用されるのが常識で通夜や葬儀式に列席出来なかった人達が、手を合わせに来られた場合には、ここでお参り供養してもらいます。
家族葬儀の具体的イメージとして大衆的には『家族だけの葬儀式』『家族と友人だけの仏事』が多くいて、家族葬儀の境域にに従属する印象も一つ一つのようです。
元来お通夜に家族代表の儀礼はなかったですが、近頃は通夜に参列者が増えており、謝辞を述べる方も多くなっています。
大事だった人が亡くなってしまったことを認めた上で亡くなった人のの霊を供養し集まった親族や友人と、悲しい気持ちを感じ合うことによって、心が癒されていきます。
葬儀式は何べんも実現することじゃないので、認識する葬儀屋ががほぼなくて病院が提示してくれた葬儀業者に頼む事が起きています。

当事者・家族・勤め先ご近所での活動・ご友人・趣味の活動などをきちんと確認し相応しいアドバイスと、最適な家族葬プランを、ご説明します。
長い年月用いられていた仏壇にはキズや汚れの張り付き木地の反り金具の錆、彫刻の欠け金箔の擦れキズ、等により、見た目が低下します。
満中陰法要の際とは違い時間がたっても残存するもので大丈夫だと考えますし地域の慣習等によっても、違いがあるもので、百貨店などでご相談なされるのも仏具店などでご相談されるのも、よろしいと思います。
現代では通夜式・告別式を執り行わない直で火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)場で仏を納骨する『直葬』を敢行する家族が増加中です。
祭祀から数多くの手続き身辺に関係するサポートまで隅々までお任せいただけるほかご遺族の精神面でのケアにも、携わっております。

作法
仏壇作法