Blog

大多数の僧侶の力を活かし母親は救われるであろうと思われ供養を行ったら母は餓鬼の不安から逃避でき、これがお盆だと考えられています。
仏像や彫る人に対する多種多様な見識が記されており仏像の感じ方仏像の彫り方、有名仏師(仏師とは、日本における、仏像などの制作を担当する者に対する名称である。 飛鳥時代においては、仏像制作技術を持った血縁集団が存在しており、その長たる者を仏師と称していた。その大多数は、渡来系に属する技術者たちである。鞍作止利の名が知られる)紹介、種類や所得方法、仏像とはなんぞや?魅力など多々あります。
満中陰法要の際と異なり後々に残存するもので結構でしょうし住んでいる場所の慣わし等によっても、異なっているもので、仏具店などでご相談されるのも百貨店などでご相談してみるのも、良いのではないでしょうか。
伝統的に地元密着といったフューネラル会社が殆どのようですがこの頃ではお客様の事情に合わせたプランニングの葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)など、個性をいかした、葬儀業者も多く出現しています。
自分の葬儀や葬送の方法について生前から決めておく事を望む方家族と打ち合わせしたりエンディングノートに残す人もいるようです。

葬儀と告別式とは本来分けて行うもので仏教のお葬式であれば初めに宗教者による読経など施し、その先に告別式、主に喪主・家族が故人とお別れする会が、行われています。
一般の人々はご家族の背後に席をとり訪ねてきた順番にご家族の後方に座って、くださると、負担なく誘導できます。
現代では坊主などは葬儀式や法要で読経する人といった感じがありますが、先般先生とはお釈迦様の教えや、仏教を間違いなくわかりやすく、言葉にするのが使命なのです。
この法要は法要式場の準備や位牌の準備など事前準備をする方が多くいて、(いつまでに何をするのか)ちゃんと考えておく必須でしょう。
満中陰法要の忌明けまで運用するのが普通でお通夜または葬儀式に参列出来なかった友や知り合いが、手を合わせに訪れた場合には、後飾りでお線香をあげていただきます。

後飾り祭壇は葬式を終え祭壇をしまった後に遺影写真・遺骨・位牌と呼ばれるものを四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の法事まで自宅に安置しておくための祭壇のことを指します。
記念スペースに立ち寄った参列者の方達が○○さんは酒好きでたくさん飲んでいたなぁ、と仰られていて、ご遺族は驚かれていました。
徹底して参列した人を数人くらいお願いしてどれくらいの大きさのお葬式をすることを選択したり、亡くなった人の信仰を配慮し、どんなイメージの葬儀を行うかを決めたりします。
「葬儀坊主」ということも「葬儀・法事にしか関わらない僧侶」を揶揄した言い回しだけでなく「葬式に携わるから穢れている」という趣意をもつこともある。
仏の経典を介在して日頃の厄介ごとを善処したり、幸せを望む、あるいは、如来を通して高祖のお勤めをするのが仏壇の役目だと思います。

作法
仏壇作法