Blog

葬式と告別式とは元来別のもので仏教の考えのお葬式では先ず第一に僧侶による読経など実施し、その後に告別式、主に喪主・家族が故人とお別れする会が、執り行われています。
現在まではご家族の人で進行することがゼネラルだった平均だった遺品処理ですが、超多忙だったり、遺品整理する土地が遠方だったり、遺族の力では賄えないのが現状です。
今では斎場と呼んでいますが旧来祭祀儀礼を執り行う場所および、祭祀儀礼を履行する施設全般を指す呼び名であり、通夜葬儀のみ行う建物で斎場と称することも多いようです。
融通念仏宗のお寺などにお詣りした経験のある方だったら把握していると考えますが、お寺に踏み入れてみると、最奥部の本尊を鎮座されてある壇や宗教者が手を合わせるための壇が設けられています。
火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)に相当する職業は大正から僧侶が民間の中に入り道ばたに放置された死体を集め、鎮魂して火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)したことがきっかけとして、坊主と呼ばれたのだろう。

葬儀式を円滑に行うためにはご質問がありましたらコミュニケーションも重要になりますのでご遠慮なくご相談いただければ、聞いてください。
法要参列の人々に心を洗い仏陀の面前に仏になった死者をお迎えし、あらたまって言葉をかけて、ご供養するものだと考えます。
嫁の家は臨済宗でそのお位牌を受託するのですが、僕の住んでいる近隣には真言宗の寺社が存在しません。
「葬儀僧侶」と言う呼び方も「葬儀・法事だけに関わる宗教者」を嘲笑した言い方だけでなく「葬式に関わるから穢れている」という内容をもったりする。
最澄の教えをまとめて常日頃の出来事を処置したり、幸せを願って祈る、または、菩薩を通してご先祖様の供養をするのが仏壇の役目です。

通夜は一昔前は身内や近しい人が終夜仏に寄り添うのがいっぱんてきだったが、現代では夜半に終える半通夜が普遍的です。
時宗ではいずれの仏をご本尊と理解してもまるまる如来に通ずると考えた教えでありますが、往生人宅でお葬式をお葬式をする際は、本尊様ということで軸を使うことがあります。
大衆は手前は『法事』と言いますが、根源的に言うと、僧侶に仏典を読んでもらう点を「法要」と呼んでいますので、法要と後席の食事会も合わせた催事を『法事』と呼びます。
亡くなった人の室内の身辺整理すす払い、不要物の処決などの遺品生理は、本来親族の方の牛耳るという意識が通常でした。
たくさんの方は葬儀を執り行った事がないので費用はどれ位必要なの?葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に聞く前に世間相場をおさえておきたい、と不安に感じているようです。

作法
仏壇作法