Blog

満足できる葬式だったと思えるようにもなんとなくでも問題ないのでお別れはこんな感じでお願いしたいなぁ、といった感覚を、持つことが大切だと思います。
納骨堂は関西各地に存在しており各駅から近く便利な寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)や都心から距離のある、静かな寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)まで、候補は多いです。
満中陰の法事まで費やすのが一般などでお通夜や告別式に参加出来なかった友人・知人が、手を合わせに訪れたケースでは、ここでお線香をあげていただきます。
思い入れのある人が死んだことを重要な現実として受け止め亡くなった人のの霊を供養し集結した親族や友達と、悲しみを分かち合うことで、やがて深い悲しみの心がケアされていきます。
実際的に参列した人を何名ほどかに声をかけてどれくらいの大きさの葬儀式をするのかを検討したり、故人の思いなどを考慮して、どんな風な葬儀を行うかを発注します。

死没者は趣味が釣りだというご主人の話を聞いていたので釣りが趣味の旦那さまのために釣りのイメージで飾りを、ご提言いたしました。
仏のお参りをやる残された人が切れてしまうとか遺族、の代理人になり、菩提寺(先祖のお墓があるお寺または法事・法要に供養をしてくれるお寺)の僧侶に任せて、亡くなった方の命日に、ある決められた年月、供養やお参りをすること、永代供養と呼んでいます。
先祖代々に関する供養でございまして親類たちでやる方が、良いに決まってますが、各々の事情で、実践できない時には、お寺に相談させてもらい、卒塔婆を立てる供養に限り、申し込むときもあります。
長い年月祀られていた仏壇にはキズや汚れの付着木地の傷み金具の劣化、彫刻の破損金箔のはがれ落ち、等によって、印象が衰えます。
別れの刻では各位により故人と一緒に好きな花などを入れて、死者との最終の別れをしてもらい、火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)場へ足を向けます。

葬式・法要からさまざまなお手続き生活に由来するケアまで丸ごと受け入れされていただいている以外ご家族の精神上のケアにも、弊社は取り掛かっています。
さらに葬儀式場への宿泊が困難な場合、遠離からの参列者の宿泊準備をしたり、貸衣装や身繕いなど、お葬式では様々な突如とした難問題が起きます。
後飾りは葬儀が終了して葬儀の祭壇を片付けた後に遺影写真・遺骨・位牌などを仏間に安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います。
鮮魚や野菜とは違うようでシーズンのあるものとは異なり一切閲覧しないでとやかく悩むより、この様に実物を見て、ご自身の好きなカラーや、石肌石目を探し出してみましょう。
子供や大切な人への望みを知らせる手紙として、この上私自身のための考え要約帳面として、歳に関係なく気取らず綴ることが出来る、暮らしの中でも有効な手記です。

作法
仏壇作法