Blog

斎場とは古の時は日本古来の神道の用語で典礼・儀式を行う場所を特定しましたが、現在では、転じて主体的に葬儀式を実施することが望める施設を指します。
仏は釣りが趣味だというご主人の事情を知っていたことによって釣り好きの旦那さまのために海のイメージで飾りを、プランニングしました。
同居の父がある日突然一人でふらっと散歩に出ていき毎回お葬式・お墓・永代供養などのチラシを持って帰宅し楽しそうに話を聞かせてくれました。
哀悼スペースに訪問した参列者の方達がお酒好きなご主人はたらふくご馳走になりました、と言われていて、ご家族は驚きました。
従来は墓地というものは哀れな雰囲気がすると言われましたが、只今は公園墓園みたいな陽気なお墓が大手です。

以外に式場への宿泊が簡単ではない場合、遠隔地からの列席者の民宿の手配をしたり、貸衣装や着付けなど、葬儀式では様々な偶発的な事象があります。
時宗ではどこの如来をご本尊としても根こそぎ仏に通ずると考えた教えでありますが、死亡者宅で葬儀式をする際は、本尊様として軸を使うことがあります。
葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)というものは葬儀に絶対不可欠な手配を所得し葬儀を行う役回りを、任される仕事を行う人達で、葬式を執り行う仕事や、それに従事する人の事を指します。
普通であればお亡くなりになられた人に付与される称号じゃなくて、仏道修行で精錬した、出家者に与えたんですが、現在では、不変の儀式などを、実感した普通の人にも、授けられる事になっているようです。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)って最後の生涯を『どんな風に生きたいか』と考えられる望みを形にしていくこと、現生のエンディングに向けてエネルギッシュに計画することで、良好な生きる活動です。

仏像や仏師(仏師とは、日本における、仏像などの制作を担当する者に対する名称である。 飛鳥時代においては、仏像制作技術を持った血縁集団が存在しており、その長たる者を仏師と称していた。その大多数は、渡来系に属する技術者たちである。鞍作止利の名が知られる)についてのいくつもの情報が記されており仏像の印象仏像の彫り方、有名仏師(仏師とは、日本における、仏像などの制作を担当する者に対する名称である。 飛鳥時代においては、仏像制作技術を持った血縁集団が存在しており、その長たる者を仏師と称していた。その大多数は、渡来系に属する技術者たちである。鞍作止利の名が知られる)紹介、種類や所得方法、仏像とはなんぞや?魅力など多々あります。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と呼ぶのは字の感じ通り暮らしの終わり方の行動あり、一生涯のラストを更に華のあるすべく先立って準備しておかないとと感じている取り組みを言います。
故人を想い葬る場が故人を隣にして財産を奪い合う醜い家族の醜態となりそこで故人を見送っているのは誰なのだろうか、という疑問を思った事を記憶している。
今日に至るまで葬祭業界を中継ぎに坊主と一般人は首の皮一枚で繋がりを持ってきたが、その冠婚葬祭においても、宗教儀式離れが始まった。
葬式・法要からさまざまなお手続き暮らしに関するサポートまで丸々受け入れされていただいているほか施主家族の気持ちのケアにも、弊社は力を入れています。

作法
仏壇作法