Blog

葬儀と告別式とは元来分けて行うもので仏教の儀式では最初に坊主による読経など実施し、そのうちに告別式、主に喪主・家族が故人とお別れする会が、実行されます。
以前から仏様に贈与される呼び方ではなく、仏道修行で鍛錬した、出家者に受け伝えるものでしたが、近頃は、定められた儀式などを、参加した一般人にも、伝えられるようになっています。
ご先祖に対しての供養ということで身内たちで実施した方が、最良だと思いますが、色々な都合で、できないケースには、お寺に連絡を入れ、卒塔婆を立てるご供養だけを、手配する事もあります。
子供や兄弟姉妹への望みを送り出す手紙として、また私のための考え要約帳面として、世代に関係なくカジュアルに書き込む事が期待出来る、暮らしの中でも力になる帳面です。
一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀と二日またいで実施されるお葬式を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)とは昔は前夜に通夜式を行い、翌日にお葬式と二日またいで実施される葬儀式を、お通夜を行わない一日で完成する葬儀式の形です。

空海の教えを通して平常の不始末を適応したり、幸せを祈る、あるいは、お釈迦様を通して祖先のお詣りをするのが仏壇の価値です。
悔いることのない葬儀にするためにも明確でなくても良いのでこのようなお葬式にして欲しいなぁ、といった事前イメージを、することが大事なことです。
家族葬には明らかな思想はなく親族を中心に、付き合いの深い人など故人と繋がりの堅い方が顔を合わせ見送るほんの少しのお葬式を指すことが多い感じです。
葬儀を用意する方は遺族の大代表、地域の会長や関係する共同体、企業の関係者など、信頼のおける人の意見を照らし合わせて進めるのがいいと思います。
一例とすれば葬儀会場ひとつとっても大手のホテルの式場が希望だということもあれば、お寺の格式高い雰囲気の中で、お別れしたいという家族もおられるようです。

密かにひっそりとした葬儀を考えていながら派手で大きな祭壇や飾りを提示された場合、葬儀業者の方針が、合わないということです。
仏は趣味は釣りだったという話を聞いていたので釣り好きの旦那さまのために釣りの想定で祭壇を、お話しさせていただきました。
お仏壇とは考えられるように仏様つまるところは如来様をお勤めする壇の事を指し加えて今日この頃は、命を落とされた肉親や、ご先祖を祀るところという考え方が見方が、社会的になってきました。
葬儀セミナーや終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)座談会や葬儀ホール見学会などをしていますので、何よりもそれらに参加することを訴えかけています
鮮魚や野菜とは異なりシーズンがあるものではないですし全く目を通さないであれこれ考えこむより、このように実際に見て、ご自身の好きなカラーや、石肌石目を見出してください。

作法
仏壇作法