Blog

がんセンターで逝去されたケースでは病床から数時間以内に移動を要請される状況も多く、お迎えの車を発注する必需です。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の忌明け法要まで運用するのが通常などでお通夜とかお葬式に参加出来なかった人達が、参列した際には、後飾り壇でお線香をあげ手を合わせていただきます。
思い出の場所に足を向けた列席者の方たちがお酒好きな故人はたらふくご馳走になりました、と言われるのを聞いて、ご遺族は驚かれていました。
お葬式にこだわりというものは驚きだと思われるかもしれませんがこれは葬儀を考えるときに何にポイントをおきどこを大事にするべきか、ということだと思います。
曹洞宗ではどこの如来を本尊と理解しても全部菩薩に結びつくとする教えだと言っていますが、往生人の家でお葬式をお葬式を行うときは、本尊様として軸を使うことがあります。

これまでは墓というと物悲しい感覚がしたようですが、今日日は公園墓石等の明るいお墓が多いです。
ビッグな祭壇大勢の僧侶大勢の参列者を集めた葬式だったとしても、冷え冷えとした空気が張り詰める葬儀もあるし、大きな寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)に威厳あるお墓を建てようが、お参り供養をする人がいないお墓もある。
「葬式お坊さん」という言葉も「葬式・法事だけしか関わらない僧侶」を嘲笑った言い方だけでなく「葬式に関係するから穢れている」という要旨をもったりする。
今に至るまで葬式業界を間に坊主と一般人は何とか繋がりを持ってきたが、その葬儀のことに関しても、仏教離れが進行した。
亡くなった人は趣味は海釣りだったという故人の話を聞いていたので旦那さまをおもい釣りをイメージした祭壇を、ご提言いたしました。

子供の頃にお父さんを遺失したので法要には無知で、しかも相談できる親族もいないため、十七回忌といっても何をしたらいいのか分かりませんでした。
葬儀告別式という祭事を実施することで自分に近い人の死という大きな変化を受け入れ、仕切り直して新たな生活への、きっかけとなります。
仏式の時は安置は北枕が良いとしていますがご遺体の安置の方法についてはキリスト教などの色々な宗教や宗派によってルールが変わります。
大事な家族の危篤を先生から通知されたら、家族や親族や自身が会いたいと想う方に、先ずは連絡するのがベストです。
だからと言って弔辞を述べる当事者にしたら緊張するのが現実ですから式の順番に組み込まれるなら、早めに相談させてもらい、納得をして貰うようにしましょう。

作法
仏壇作法