Blog

葬儀の式場から弔辞を要請した方にまで、志望すれば細やかに記す事が出来るのがリビングウイルの価値でもあると思います。
亡き人の気持ちを受け親族だけで葬式を終わらせたところお通夜・葬儀告別式に参列することが不可能だった人が、お参りしたいと頻繁に自宅へ、訪れてくれます。
現代では斎場と呼ばれていますが従来祭祀儀礼を執り行う場所および、祭祀儀礼を実施する建物全般を呼ぶ言い方であり、通夜・葬儀告別式を行う会場で斎場と言うものも多いです。
自宅で身内だけの法事をされるケースで戒名ではなく亡くなった人の姓名のほうが心に残るとしたらそれはそれでかまわないのでは、無いのではないかと考えます。
今までは墓地というものは暗く悲しい雰囲気がしましたが、現在は公園墓地などといった明々なお墓が過半数を占めています。

家族葬儀の感じとして素人は『家族だけの祭事』『家族と親族だけの葬儀』が多いようで、家族葬の域にに関係する感想も別々と言います。
地域密着が伝統的という葬儀業者が大体だったようですが今では花祭壇や家族葬プランが得意な葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)など、独自色の、葬儀会社もいます。
浄土宗ではどこの聖人を本尊と理解してもまるまるお釈迦様につながるとした教えだと思いますが、往生人宅でお葬式をするときは、ご本尊様としてお軸を使う時があります。
二世帯住宅で同居の父がある日突然一人でふらっと散歩に外出して毎回お葬式やお墓関連のチラシを持って帰って生き生きと説明してくれました。
鮮魚や野菜とはかけ離れていてシーズンがあるものではないですし一切目を通さないでとやかく考え込むより、まずは実際に見て、自分の好きなカラーや、石肌石目を見出してください。

仏式においては北枕で安置しますがご遺体の安置の手立てについては仏式以外の個々の宗教や宗派によってルールが異なります。
葬儀式はお寺の仏教者によって授戒(仏門に入る人に戒律を授けること)と引導(仏様を彼岸に導くこと)を行う宗教儀式で、原則では親類が参列されていました。
葬儀と告別式とは元来別で仏教のお葬式では先ず初めに宗教者による読経など行い、次に告別式、主に喪主・家族が故人とお別れする会が、施されています。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と呼ばれているのは字の感じ通り一生涯の終わるための活動であり、ラストライフをもっと粋なすべく事前に予定しておくべきとされる取り組みを言います。
死没者の住居の後片付けハウスクリーニング、残品の待遇などを含んだ遺品生理は、在来近親の方の実行するのが通常でした。

作法
仏壇作法