Blog

亡き者の居室の後片付けクリーニング、残品の廃材処理といった遺品生理は、もともと不要者の遣り抜くことが常識でした。
葬儀や法要から諸諸の登録暮らしに関するサポートまで丸々お任せいただける以外にも施主家族の気持ちのケアにも、弊社は取り掛かっています。
住宅で親族だけの法要をする場合戒名でなく亡くなられた方の名称のほうが心に残るのであればそれはそれとして問題ないのでは、無いんじゃないかと考えます。
何年もの間使用していた仏壇には傷や汚れの張り付き木地の傷み金具の錆、彫刻の損傷金箔の擦れキズ、など、印象が悪くなります。
自分の葬式や葬送の手法について今のうちに決めておく事を望む方家族と相談したりエンディングノートに書き写す人も増えております。

お通夜は往年は家族が常夜仏にお供するものでしたが、今日日では夜半に終える半通夜が普遍的です。
通夜を計画通りに行うためにはご遺族と葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)との信頼感も大切なことになりますので小さなことと思われることでも、聞いてください。
後飾りは葬儀式を終え白木祭壇を終結した後に遺影写真・遺骨・位牌などを和室に安置してお参りする祭壇を後飾りと呼びます。
古くから地元密着という葬儀業者が多いみたいですが近頃では花祭壇が上手な葬儀業者など、各々の特徴をいかした、葬儀業者も多数あります。
自己中心的になって苦しみごとや悩み多い人生を苦しみや悩みともわからず生活するケースから、今の困惑に、へこたれないという趣旨に、増加中です。

思い入れのある人が亡くなってしまったことをきちんと受け止め故人の霊を供養することで集まった御遺族や御友人と、その悲しみの共感する事で、グリーフケアにつながります。
今日この頃は墓石の制作技量の大幅な改良によりモデルの自由度が、実に高くなり、個人のお墓を、自らでデザインする事が、出来ると言うことになったわけなのです。
今頃は通夜・告別式をかからない直で火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)場で荼毘を納骨する『直葬』を敢行する家族が増えています。
ほとんどの遺族はお葬式を行った事例がないのでどれくらいの費用がかかる?葬儀屋さんに連絡する前に世間一般の知識を知りたい、と不安を感じるようです。
別途葬儀式場への宿泊が困難とされる場合、地方からの参列者の旅館の準備をしたり、衣装や美容院など、葬儀では数々の突如とした争議が起きます。

作法
仏壇作法