Blog

亡き者の居住空間の後片付け清掃作業、廃棄品の廃材処理といった遺品生理は、現在に至るまでファミリーの方の手で執り行うのがスタンダードでした。
ひところは通夜は故人の近い関係の人が徹夜で仏の傍にいてのが一般的でしたが、近来は参加者を参会してお通夜を実施し、数時間以内に閉式するのが常識です。
死者を慈しみ葬り去るステージが故人を横に置いての家族の醜い財産争いの場になり弔っているのはいったい誰なのだろうか、ということを感じたのを記憶している。
僕が喪主となるのは両親のお葬式妻のお葬式娘のお葬式ぐらいであり、母のお葬式も長男とは違うのでやることはないし、息子のお葬式も先立つと喪主にはなりません。
家族葬フェアや終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)セミナーや葬儀式場見学会などをしているはずですから、とにかくそれらに訪問してみることを工作しています。

ご先祖に対しての供養ということで身内たちで実施した方が、良いのですが、各々の都合で、実施できない時には、お寺に連絡を入れ、卒塔婆を立てる供養に限り、手配する事もあります。
仏式でする時は安置は北枕がベストだとされていますがご遺体の安置の方法についてはキリスト教・神式など仏式以外のそれぞれの宗派の特色で慣習が変わります。
納骨堂は色々な場所に募集しておりお参りに便利な駅に近いお寺や都心から距離を置いた、静かな寺まで、ラインナップがたくさんあります。
更に想定外のケースは生前に話を、行っていた葬儀業者に葬式を頼むことが適いますから、本当にというような時も次第に手を打つ事が実現するはずです。
多数の坊主によって母は助けてもらえると思って供養したところ母親は餓鬼の不安から逃れ、それがお盆だと伝えられています。

満中陰法要の忌明けまで行使するというのが当たり前にてお通夜または葬儀に参加出来なかった友人・知人が、お線香をあげに来られた場合には、ここで手を合わせていただきます。
この年まで葬儀業界を斡旋に寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)と大衆は首の皮一枚で接点を持ってきたが、その葬送に関しても、寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)離れが始まった。
「葬式僧侶」という言葉も「葬儀・法事だけをするお坊さん」をからかった言い方だけでなく「葬式に携わるから穢れている」という趣意をやったこともある。
ほとんどの遺族は葬儀を行った事例がないので費用が分からないので不安葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に電話する前に概略を理解したい、と不安に駆られるようです。
現在までは近しい人の手で進行することが平均だった平均だった遺品処理ですが、多端だったり、遺品整理する土地が遠方だったり、遺族では行えないのが現状です。

作法
仏壇作法