Blog

忘れられない方が亡くなった事実をきちんと受け入れ亡くなった人の霊を弔い共に集った親族・友人と、感じ合うことで、心が浄化されていきます。
このところ墓石の製造技量の甚大な向上により形状の柔軟性が、実に高くなり、個人のお墓を、自ら企画する事が、出来る事になったわけなのです。
祭事は多数も実現することじゃないので、把握している葬儀業者ががほぼなくて病院が言ってくれた葬儀屋に用いる事が多くあります。
満中陰法要の忌明けまで使用されるのが常識でお通夜や告別式に参加出来なかった人達が、参列した際には、後飾り祭壇で手を合わせいただきます。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法事は法事会場の準備や位牌の手筈など事前準備をしておく事が多く、(いつまでに何をすべきか)入念に飲み込んでおく必要が要求されます。

そのうえ葬儀会館への宿泊が不可能な場合、遠方からの列席者の民宿の手配をしたり、レンタル衣装や着付けなど、葬儀では色々と突然のごたごたがあります。
無宗教のお見送りの会は自由気ままな一方で一定のシナリオを設置する、必要もありますが、望みや考え方を元に、お見送りの儀を作り上げる、進行が通例です。
亡くなった人を弔い葬り去る場が亡くなった人を傍に置いて財産争いをする醜い場になりそこで故人を弔っているのは誰なのだろうか、と強く頭の中に残っている。
ご家族と少数の限られた皆さんのみを誘いだして、お見送りする、儀式を、「家族葬」というようになり、ここにきて、浸透して、きたようです。
家族葬には率直な同義はなく家族を主体に、親しい人など故人と良いご縁の人が集中してさよならを言う特定数のお葬式を言うことがだいたいです。

それに加えてお墓の外観も最近ではいろいろあり以前までは形もあまり変わりませんでしたが今日この頃では洋風の、墓石が増加傾向にあるようですし、自由なスタイルにされる人も、多数おられます。
後飾りは葬儀式が終了して葬儀用の祭壇を片付けた後に遺影写真・遺骨・位牌というものを四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の法事まで自宅に安置しておくための祭壇のことを言います。
葬式や法要などで心付けを包みますが布施の包み方や表記の筆記方法など常識はあると思いますか?
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)というのは残りのライフスタイルを『どんな感じに暮らしたいか』と言われる望みを行使すること、ライフのエンディングに向かってアグレッシブに準備することで、麗しく暮らす動きです。
主要な人の危篤を病院の先生から報告されて、血縁者や自分が会いたいと思っている人に、いの一番に連絡を取ってください。

作法
仏壇作法