Blog

自分だけを中心にして苦しみごとや悩み多い人生を悩みを把握することもなく生活する実態から、このような悩みの種に、へこたれないという趣旨に、増加しています。
斎場とは昔は古来神道の用語で儀典・儀式を行う場所を意味していますが、近年では、転じて重点的に葬儀式を執り行うことが可能な施設を指します。
葬儀や仏事などでお布施を渡しますが布施の包み方や宛名の書く方法など常識は存在すると思いますか?
両親に預金がございませんので財産寄与は関係ない、俺は何も預かるつもりがないので相続は関係ない、と判断違いをする者が無数に見受けられます。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と呼ぶのはイメージ通り一生涯の終わりの活動であり、生涯の最後をもっと得するすべくその前に手回ししていようというような取り組みを言います。

忘れられない方が死んだことを自身で消化し故人を想い集合した親族や友人と、悲しい気持ちを感じ合うことによって、悲しみが癒されていきます。
ほとんどの遺族は葬儀を行った事例がないのでいくらかかるのか不安業者に聞く前に世間の相場を把握しておきたい、と不安を感じるようです。
お仏壇とはその名前の通り仏様つまり如来様をお詣りする壇の事に関して加えて近頃では、お亡くなりになられたご家族や、ご先祖を祀るところという考え方が見方が、常識になってきました。
他にも不測の事態のケースでは生前相談を、されていた葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に葬式を要請することが出来てしまうので、予定通りと思われる時も次第に手を打つ事が可能になるのです。
哀悼スペースに覗いていった列席者の面々が酒が趣味の○○さんはたらふくご馳走になりました、と申されていて、奥様は驚かれていました。

全体的に当方は『法事』と言っていますが、厳格に言うと、住職に仏典をあげて頂くことを「法要」と言っていますので、法要と後席の食事会も合わせた行事を『法事』と言われています。
葬儀のパターンや行うべき点と言えるのは葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)が教授してくれますしご遺族の挨拶も定型文があるので、そこに少々家族の思いを付け加えて話せばいいのです。
関係のある住職が知らない、私の家の宗旨宗派が覚えていない方は何よりも親類や叔父叔母に質問しましょう
病院で死んだ場合2~3時間以内に葬儀屋を選考し他にも当日に数か月分の収入額の、買い物をすることになります。
祭祀はお寺の僧侶による授戒(仏に入る者に戒律を授ける)と引導(亡くなった人を彼岸に導くこと)を行う仏式で、通常では遺族のみが参列されていたようです。

作法
仏壇作法